日本舞踊ってなんだろ??
「日本舞踊」に関わる者として、イメージが固まってしまってる事に気付いたので少しでも「そうじゃないんだよ~~~!!」とお伝えしたいのでブログにしてみました。
●お買い物は楽天で●

日本舞踊についてのご相談やこのブログのご感想など頂けるととっても嬉しいです♪ お気軽にメール下さいませ。

●扇にメールする。● (↑クリックでメールフォームが立ち上がります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌舞伎座七月公演

七月大歌舞伎
NINAGAWA十二夜

平成19年7月7日(土)~29日(日)

昼 午前11時~
夜 午後4時30分~
(休演 夜の部 9・12・16・19・22・25・27日)

料金(税込み)

1等席  
16,000円
2等席  
12,000円
3階A席  
5,000円
3階B席  
3,000円
1階桟敷席  
18,000円
着物のきかた

着物のきかた、というと、「着付け」を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、「着付け教室」等で教えてる着物のきかたと、日本舞踊の着物のきかたってちょっと違うものだとあたしは思っています。

何が違うの??

・・・とその前に、日本舞踊は敷居が高い!とかよく言われますが、そんな人でも「着物の着付け教室」には通われたりするんです。

不思議な現象だと思いませんか??え??思わない??
だって日本舞踊習えば、嫌でも(笑)着物着れる様になりますよ。おまけに踊りも習える!!
一石二鳥!!なのになぁ~^ー^

ごめんなさい。話がそれてますね^^;
元に戻して・・・

着付け教室で習う着物のきかたと、日本舞踊踊る人が着る着物のきかた何が違うんでしょう??

 

歌舞伎座六月公演

六月大歌舞伎
平成19年6月2日(土)~26日(火)

昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~
料金(税込み)
1等席  
15,000円
2等席  
11,000円
3階A席  
4,200円
3階B席  
2,500円
1階桟敷席  
17,000円
あなたはどっち?

習い事をされてる方に質問です。

あなたは習い事を上手になりたいですか??

当たり前の事聞くな!とお叱りを受けそうですが、ホントに上手になりたいですか??

あたしは日本舞踊を教えてる側の人間ですが、最近いろいろ考えてしまう事が多いです。

歌舞伎座5月公演

團菊祭五月大歌舞伎
平成19年5月1日(火)~25日(金)

昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~

料金(税込み)

1等席  
16,000円
2等席  
12,000円
3階A席  
5,000円
3階B席  
3,000円
1階桟敷席  
18,000円
最初のお稽古に持っていく物は??

日本舞踊を習いに行くとします。
何が必要でしょうか??

着物(浴衣でもウールでも何でもOK)
(これも何でもOK)
おこし(東スカートとも言われます。ステテコ(笑)でもOK)
足袋(足にぴったりの物を。ブカブカだとかっこ悪いです^^;)
腰紐(最低2本は必要です。少し多めに持っていくといいと思います。)
帯板(帯にしわがよらないようにします)
半襦袢(浴衣なら無くてもいいです)

最低このくらいは必要でしょうか。
帯によっては帯〆や帯揚げなんかも必要になりますね。
たくさんいるように思われるかも知れませんが、ずっと使うものですし長い目で見ると安い買い物ですよ^-^

歌舞伎座4月公演

四月大歌舞伎

 中村信二郎 改め
二代目 中村錦之助襲名披露

平成19年4月2日(月)~26日(木)

昼の部  午前11時~
夜の部  午後4時30分~
料金(税込み)
1等席  
16,000円
2等席  
12,000円
3階A席  
5,000円
3階B席  
3,000円
1階桟敷席  
18,000円
上手下手、好き嫌い

納得のいく先生を探すのはホントなかなか大変な事です。

「先生」には大きく分けて「上手」な先生と「下手」な先生^^;がいます。

そしてそれとは別にあなたが「好き」な先生と「嫌い」な先生がいます。
もちろんこれは「芸」の事で、「性格や人格」のことではありません。

さて、ではあなたにぴったりの先生とは??

もちろん「上手で好き」な先生です。
…ですが、なかなかそんな先生に巡り会える事は少ないですorz

となると次の先生を探す訳ですが、

上手で嫌い」な先生と「下手で好き」な先生。

あなたならどちらの先生に教えてもらいたいですか??

「日本舞踊」どこで探すの?番外編

以前、最初に行ったところがとてもいい!と思ってももう1箇所行ってみて下さい。
必ず良い所と悪い所があります。1箇所だと比べられないですもんね。出来れば3箇所は探してみましょう。あせって探すと後々苦労するので^^;ゆっくりじっくり探して下さい。

と書いたんですが、補足を少し^^

お稽古の場所

実はお稽古の場所も大きく分けて2通りあります。

●1つは先生(師匠)の家(お稽古場)

●そしてもう1つは教えてもらう人(お弟子さん)の家や、○○会館等のお稽古場

要するに、先生の家に行くか、来てもらうかの違いですね。

では2つの事で何が違うんでしょう?分かりますか??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。