日本舞踊ってなんだろ??
「日本舞踊」に関わる者として、イメージが固まってしまってる事に気付いたので少しでも「そうじゃないんだよ~~~!!」とお伝えしたいのでブログにしてみました。
●お買い物は楽天で●

日本舞踊についてのご相談やこのブログのご感想など頂けるととっても嬉しいです♪ お気軽にメール下さいませ。

●扇にメールする。● (↑クリックでメールフォームが立ち上がります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しゃべり
元禄歌舞伎の代表的な作品である近松門左衛門作『けいせい仏の原』は、元禄十二年(1699年)に京都・都万太夫座で初演され、大当たりをとりました。

 中でも好評を博したのは、初代坂田藤十郎の演じる梅永文蔵が、恋人の遊女との馴れ初めや、痴話喧嘩の様子を、長々と仕形咄(しかたばなし)でしゃべって見せる件でした。俗に“しゃべり”とも称される、この長咄の趣向は、その後様々な作品に取り入れられ、今日では『八重桐廓話(やえぎりくるわばなし)』(本名題『嫗山姥(こもちやまんば)』)で見ることができます。

 

歌舞伎は時代とともに進化し続けていますが、その一方で、“しゃべり”のように、元禄以来の演技も継承しているのです。

(引用 歌舞伎美人

すごいですよね~。歴史をホントに感じられます。昔のよい所を残しつつ新しい物をどんどん取り入れていく・・・そんな歌舞伎が大好きです^-^

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。