日本舞踊ってなんだろ??
「日本舞踊」に関わる者として、イメージが固まってしまってる事に気付いたので少しでも「そうじゃないんだよ~~~!!」とお伝えしたいのでブログにしてみました。
●お買い物は楽天で●

日本舞踊についてのご相談やこのブログのご感想など頂けるととっても嬉しいです♪ お気軽にメール下さいませ。

●扇にメールする。● (↑クリックでメールフォームが立ち上がります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猿若(さるわか)
出雲の阿国を描いた絵画資料に、すでにその存在が確認できる“猿若”は、初期歌舞伎の道化方として、おかしみある演技を見せ、喝采を浴びていました。後には、猿若を主人公とした「猿若」狂言が作られ、上演されるようになりました。

 

この猿若の名手であったのが、猿若勘三郎(初代中村勘三郎)です。江戸幕府の軍艦・安宅丸(あたけまる)を入津させる折に、初代勘三郎が音頭をとり、その功によって将軍家から“金の麾(きんのざい)”を賜ったという逸話は、中村座の歴史をひもとく際に、必ず語られるものですが、木遣り音頭も、“猿若”の代表的な芸のひとつでした。

 中村勘三郎家では、初代勘三郎の『猿若』を家の寿狂言として、中村座での慶事の際に上演し、先祖の遺徳を偲んだのでした。

(引用 歌舞伎美人

中村家と猿若深い繋がりがあるんですね^-^

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。